【イベント延期決定】第2回日韓青年パートナーシップ開催!

新型コロナウイルスの2.5段階格上げ処置を受けて、以下のプログラムは状況を見て、1月以降の開催に変更となりました。
詳細は後日改めて告知させていただきます!

2020年12月28日~30日(月~水曜日)開催 

in 韓国・ソウル(シンチョン)

こんにちはインターン生のみずきです😊

この度、私の所属するコネクトジャパンインターンチームで

「第2回日韓青年パートナーシップ」を開催することが決まりました!

大成功に終わった第1回目に引き続き、新しいメンバーも迎え現在も絶賛準備中です🌟

前回の様子

・第1回目(8月開催)のイベントレポートはこちらから

https://study.owchikorea.com/partnership1-report/

・イベントに関する記事が韓国で記事にもなりました💕

https://n.news.naver.com/article/018/0004715816

日韓青年パートナーシップの目的と意義

日韓青年パートナーシップ」は、日本と韓国の大学生・大学院生が一同に集まり、日韓の問題について討論する場である。

既存知識や事前学習を基に討論することで、自分の価値観の違いを認識したり誤解を解き相互理解を深めることもできる。

また、討論だけではなくチームでの交流会・フィールドトリップ・プレゼン発表を通して、強固な関係作りを促進していく。

ひいては、この日韓青年パートナーシップで得た知識や経験をこの場だけで完結させるのではなく、将来出会う日本人・韓国人が互いに対する偏見やフィルターを無くた上で、より良い関係を築くことを願う。

 

 

プログラム内容

事前学習/討論(3日間)/フィールドワーク/グループ発表/交流会など(プログラム内容は変更の可能性があります。)

 当日は各チーム与えられたテーマについての事前学習を基に、討論を行い意見交換をします。最終的には、チームで発表準備を行い最終日には参加者全員に対して発表を行います。

 さらにフィールドワークや交流会では討論とは別に、日韓の民間交流を深める機会としたいです。討論の場を離れ、日韓文化交流をすることは討論同様に重要だと考えるためです。

 

第2回 実行委員紹介

 

実行委員長:澤野 みずき

 こんにちは!第2回日韓青年パートナーシップの実行委員長を務めます、法政大学の澤野みずきと申します!

前回に引き続き実行委員を努めさせていただきますが、まずはこのような状況下でも第2回開催ができることを嬉しく思います。この日韓青年パートナーシップを通して「また会おう!」という日韓の関係づくりを民間の力で作り上げられたらいいなと思います。

 新しい実行委員メンバーを迎え、どんな討論や交流が生まれるのか今から楽しみです。参加者1人ひとりにとってかけがえのない時間になるよう精一杯頑張っていきます。よろしくお願いいたします!

 

副委員長:呉屋 佳希

 初めまして!第2回日韓青年パートナーシップの副実行委員長を務めます、富山大学を休学し韓国の大学編入準備中の呉屋 佳希と申します!

私は第1回の参加者でしたが、内容の濃い3日間の討論や交流を通してその場限りではない関係を日本人、韓国人共に築くことができました。第2回参加者の皆さんにも、お互いが刺激を受ける関係性を築いて頂けるような機会を提供できるように頑張っていきますので、よろしくお願いします!

 

 

実行委員:

チェホソン ソウル科学技術大学

石川 真帆 韓国カトリック大学(韓国)/聖心女子大学(日本)

キム ジス 延世大学

 

討論内容と設定理由 ※テーマは変更する可能性があります。

歴史歴史的重要人物の解釈の違い

設定理由ー1つの事件で、ある人物が英雄扱いされる場合もあれば犯罪者扱いされることもある。両国のそれぞれの教えが、現在の日韓関係悪化に起因する可能性があると考えるならば、改めて違う角度から見つめ、その違いを知ることがまずは大切だと考えるため。

 

外交首相が変わったことによる日韓関係

設定理由安倍前総理の対韓国外交政策により、日韓関係が冷え込んだ。菅新総理に変わった今、これまでの日韓間にあった問題は解決に近づくのか、新しい問題が発生するのか、関係は改善するのか、民間レベルでも話し合う価値があると考えたため。

 

3観光コロナショックによる日韓の観光業の変化と展望

設定理由コロナにより海外旅行が不可能な現時点では国内旅行が一種の代替案になり地域経済の完全崩壊を防いでいる。ならば、これまで高い割合を占めていた日韓の観光業が今後、どのような対策を講じ変化するのか。展望及びその他懸念がこれからの日韓の観光業界に影響を及ぼすであろうと考えられるため。

 

文化大衆文化を通した日韓関係・大衆文化が日韓関係に与える影響(KPOPと韓国ドラマ・アニメと漫画・日韓合作映画など)

設定理由日韓間での大衆文化の輸出入が盛んになっている。日本人が韓国で、韓国人が日本で活動している芸能人も多数いる反面、国籍的な問題がないとは否定できない。このように日韓関係が悪化する中でもお互い存在感を示している大衆文化を通して、民間レベルで日韓関係改善を紐解く鍵になるのではないかと考えたため。

開催場所・期間

開催場所

韓国・ソウル(新村)「KOREC 4・5F」

4F 46, Myeongmul-gil, Seodaemun-gu, Seoul, Republic of Korea

서울시 서대문구 창천동 5-46 4F

〖開催期間〗

2020年12月28~30日(3日間

※COVID-19の影響により宿泊なしとなります。

 

参加資格・参加費

〖参加資格〗

・20代の日本人または韓国人の大学生・大学院生(交換留学・休学中・ワーホリ等も可能)

・各15人募集予定

※ 韓国語と英語は話せなくてもOKです。当日は日本語・韓国語の学生ボランティア通訳が各グループごとにいますので、心配はいりません!

※12月23日の事前学習として一度お集まりいただくことがありますので、ご了承ください。

 

〖参加費〗30000₩

内訳:会場費・スタッフ人件費・コロナ対策関連グッズ・景品費用・広告費など

 

スケジュール詳細

(状況によりスケジュール変更する場合があります。)

23日(水)

事前学習(オンラインまたはオフライン)

※詳細は後日公開

 

28日(月)

10時:受付

11時:開会式・アイスブレーキング

12時:昼食

13時:テーマ別に分かれて討論(事前学習の共有・問題点を挙げていく)

16時:休憩

16時半:討論

18時:解散

 

29日(火)

10時:討論

12時:昼食(各自)

13時半:討論

15時~:フィールドワーク(4グループに分かれて各自移動)※調整中

 

30日(水)

10~12時:発表準備

12時:昼食

13時:発表準備

15時半:発表(30分毎、質疑応答10分、予備時間10分)

申請方法

第2回申請期間:12月1日〜14日

絶賛申請期間中!!!

※人数によっては、早めに締め切りさせていただく場合があります。

申請フォーム:https://forms.gle/iiL5pW9ZGRuF5DXV9 または、以下のQRからお願いします。

振り込み口座:우리은행 1005-303-991151(커넥트재팬)

申請から1週間以内に保証金15000₩の入金をお願い致します。

残り金額は、事前学習日(23日)にご案内させていただきます。

申請フォーム QRコード

 

〖主催〗コネクトジャパンインターンチーム

〖お問い合わせ〗

メールアドレス:partnership.konectjapan@gmail.com

コネクトジャパンinstagram:@connect_japan_620